2012年11月14日

やっぱりネットがつなげてくれる

ブログをやっていると本当にいろんな方に出会えます!
これ断言できます。他の時間を削ってブログ書いてるので、
GMAT期間中も、そんなこと書いてるなら勉強しろ!って
思われた方がいるのでは・・・と思いながらどきどきでした。

でも、この出会いが普段の勉強よりも、何よりも本当に
貴重なんです。人との出会いが何よりも勉強になる。

ブログ書かれている方ですよねっていう言葉も今まで
たくさんの方に頂きました。


同じ悩みを持っていたり情報を知りたいだけって時に、
今のところはまだブログが役立っているようです。
何のフィルター(名前も職歴や学歴)がかかってないのも、
ある意味よいことだったり。
FBだとコミュニティが小さければ情報も小さいですしね。

受験の時こそ、本当に皆さんからのコメントが心から
嬉しく、支えになっていました。私はブログやってなかったら
MBAなんてあきらめてたんじゃないかと思うほどに。
ちょっとしたソーシャル依存かも(笑)

前置きが超長くなりました。
先日ニースにビジットしてくださった方がいらしたので、
お会いしたのですが、その出会いで、やっぱりブログやってて
よかったなーって思ったんですよね。
全然違う業界、世界の人が、同じ学校ということで繋がる。
私はたくさん自分の考えをここで話していることもあって、
私のおおよその考えを事前に知ってくださっていたのも、
すごいな〜って思った点でして。

そしてこの出会いの背景にはツイッターで繋がっている
友達たちからの紹介だったり。で、ツイッターの
友達(MBA仲間)たちと旅行に行ったり、いろんな国で会ったり。
MBAって結局のところ、こういうネットワークなのかもって。

そういう人たちだけで固まるのがどうなのって
いう議論があったりしますが、ツイッターとかブログが
なかったら同じ志の人を見つけることも出来ないし、
新しい出会いもなかった。
同じ志の人たちが生み出すコラボってすごいと思うんですよね。

一人でがんばれる人はすごいと思います。
私は周囲の人たちがいるから自分がこうしていられるので、
自分だけで完結することなんて出来なくて。
だから、今もこうして統計の勉強難しくて辛いのに
ブログ書いちゃうわけで(汗。

いつもながらまとまっていませんが(笑)、
ソーシャル&ネットってすげーーってことで。

ツイッターとブログなしに今の私はありませんねー。
(同意:BLOGOS「なぜブログを書く人が減ってきたのか? 」)
"それでも僕はブログを書くことを薦めたい。
まず、ブログはいまでもネットワーキングにとても
役に立つからだ。たとえば見ず知らずの人に会うとして、
やっぱり変な人だったら怖いのだけど、その人がブログを
書いていて、ちょっとメールのやり取りでもしていたら、
ぐっと安心感は高まる。"

やっぱりFBは連絡帳程度でいいなと思っている今日この頃。
日々会う人の日常とかネット上で知る必要なし!
そんなことしてるなら、会ってしゃべって英語力挙げるべし!
遠く日本にいる人と繋がるのにはベストなんだけどなぁ。
(そんなこと言いながらも、勉強がいっぱいいっぱいで
全然積極的にしゃべれてない人です(笑))

追伸:ニースへのビジット、ウェルカムです。
10ヶ月とは言え実際に住む場所を見てから学校を決めることを
強くプッシュします!
posted by Logray at 05:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 4. MBA in France - 生活編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック