2017年05月25日

変化への恐怖という新しい感覚

フランス人の同僚が転職する。
この会社に8年も在籍したらしい。彼女に会って
1ヶ月目くらいで、この人転職したほうがいいなって
思ってた。違う環境に行ったら成長出来そうなのが
見えたのと、会社への諦めが激しく、良くないなと
思ったからだ。35歳前だし、今ならまだ動ける。

さすが8年動かなかっただけあって、動き出したら
すごかった。転職だけではなく、結婚したばっかで、
家も買う予定で、犬を飼い始め、
すごい勢いで変化を求め続けている。本人が何より
楽しそうだし、これが本来あるべき姿だったんじゃない?
と思えたくらいに。

更に上には上がいて、12年この会社に在籍しているドイツ人
女性がいる。彼女とこの退職するフランス人と3人でランチした
際のこと。フランス人女性の変化に対してのコメントが衝撃だった。

すごい変化じゃない!
それは子供がいないから出来ることなのよ。
子供がいたら、まず子供に安心させる、安定した毎日を
送らせることが大事。挑戦とか変化なんてしようもない。

との発言。私は子供がいないし、欲しいとも思ってないので
子持ちの人の気持ちは分からない。こういう考えを否定する
つもりもない。ただ驚いた。こんなに変化を嫌う人がいるもの
なんだと。密かにきれい好きだし気が合うかもと思っていたが、
無理そうだわ、こんなに変化嫌うなんて…。

長くその職場にいれば見えるものも変わるだろう。
長く同じ職場にいることが悪とは思わない。

ただ変化なく毎日それなりに過ごせればいいって
マインドの人とずっと仕事するのはきついなーと
思った次第。
posted by Logray at 02:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 5-3. フルタイムのお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/450204624
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック