2017年04月24日

その後の米人同僚との仕事

自分の備忘録として書いてるので誰かに読んで
もらうとかではないけど、記録に残しておきたく。

相変わらず彼の存在はストレスで、ポジティブに
考えようとしているのだが、無駄に邪魔してくる
というか。

黙ってここだけで文句言っているわけじゃない。
戦った結果、この人との関係はどうにもならないと
理解したのだ。

アメリカ人本当に嫌いになりそうだよ…。

あれからどうなったかというと…。

現在、なぜか私たちのポジションが、売上重視の
営業みたいな形に変わってしまっている。
コンサルタントとして仕事するって決まったはず
じゃ…とは思いつつ、こういう仕事の内容自体が
大きく変わったりすることは新規プロジェクトでは
良くあるので、まあ横に置いておいて…。

1. 売上上げてます!を大々的に披露
彼の前任者が取った案件を自分の案件として
計上し、自分は売上上げて会社に貢献してます感を
アピール。私たちの最終目標はそこじゃないんだが、
数字が出ていると皆の注目を受けやすいのも事実で。

2. ただしその数字が本物か怪しい
案件を獲得したが如く語っているが、だれも契約書を
見ていない。契約書はどこに?口約束だけで売り上げ
上げてますをアピールしている可能性大。私からも、
どういう契約書なのか?等々を追及してみたが、
後で共有するよって言って、絶対に出してこない。

3. 何も情報を共有しない
私たちはチームだ。同じチームメンバーとして一緒に
仕事するひつようがある。だが、一切何も共有してこない。
ボスにだけ伝えて私には何も言ってこないこと多々。
知らないうちに何かが進んでたりする。
教えて!って言っても、わかり次第ねって言って
結局何も出してこない。
ミーティングで強制的に議題に入れて話させようと
しても、まず情報共有するのはボスとであり、私と
もう1人のアシスタントの子には何も共有してこない。

4. 私の上に常にいたい
突然、彼はDirectorを名乗りだしていた。
は????私と全く同じ業務内容だし、内示も出て
いませんが、いつの間にダイレクター????

そして私が代理店から受けたとあるツールのトレーニングを
彼にしてあげようと思ったのに(代理店に頼まれたから)、
私から何かを教わるのが嫌らしく、代理店にクレームしたうえ、
私とのMTGもセットアップしておきながら、5分前にキャンセル。

さすがに堪忍袋の緒が切れたので、理詰めにしてみたら、
「Lograyには話してない別件で代理店と一旦話してみないと
いけないから」とかいう謎の理由で逆ギレされた。

結果:
分かったこととしては、
1. ボス以外の言うことは聞かない
2. 私の存在は彼よりも下の身分なので共有する必要なし
3. 自分が目立つことが何より優先。チームとか存在しない

ひどい、本当にひどい。普通なら信じられないかもしれないが、
私たちのボスもアメリカ人なので、これで許されている。
要は上手くボスにこびへつらうことが出来ていさえすれば
許される。

アメリカ人のボスも人間的には素晴らしい良い人だ。
個人的に話すと尊敬すら出来る。懐が深く、おおらかな人。
ただ上司としてほんとに悲しいくらい何のコントロールもなく、
残念極まりない。こういう新規プロジェクトに必要なのは、
リーダーシップであり放置プレイではない…。
posted by Logray at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 5-3. フルタイムのお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック