2017年04月19日

海外移住前に本当にその言語が必要か問題

これは割と頻繁に議論されてる問題。
私は断然「言葉話せなくても移住してOK派」。
「その言語を学ぶ必要がない」とは言ってない。
住んだら、長期で滞在するなら確実に学ぶ必要が
ある、学ばないといけない。

世界中の国々から、1つの国すら選ぶのも大変なのに、
その言語を移住前から知ってるべきとか、いやーー
そんなこと日本人に言ったら誰も動かないよ。

現実問題として考えて欲しい。
日本人は英語ですら苦労するのだ。
そして日本で日本語以外の言語を話す・使う・使える
チャンスなんてほとんどない。

そんな中、新しい言語を自分で取得してから移住。
そんな悠長なこと言ってたら、永遠に移住出来ないわ。

移住国を決めたらその国の言語を勉強する。
もしくは移住後、長期滞在したいと思ったら本気出す。
私はこの方法を勧める。

仕事出来るレベルになってから日本出るとか、
そのうち移住すらできない社会になる可能性だってある。
今のヨーロッパを見てたら余計にそう感じる。

時に素晴らしい方が存在する。
私のブログを読んでくれた方で、日本でドイツ語B1取得して
から来ました!という方がいて、こんなすごい人もいるんだ!
と感心しすぎて言葉が出なかった。私にはできない。
私は新しい環境に考えずに飛び込む勇気はあるけれど、
日本の環境で新しい言語をB1レベルまで上げる、
しかも仕事しながらなんて、すごい×100だ。

と同時に自分のMBA受験も思い出したりした。
私も2年間、仕事しながら受験勉強を続けた。
言葉出来ないくせに移住なんて…って言われたら、
そんな言葉気にしなくていい。

もちろん苦労するし、人に迷惑をかけるかもしれない。
ただ少なくとも自分の力できちんとビザを取って、
稼いで税金まで国に納めれば誰に文句を言われるでもない。
国が「言語がこのレベルになるまで入国しないでください」
っていうなら分かる。そうじゃないなら日本国籍パスポートを
持つ私たちに権利はある。

「有事の際に言葉が分からないと困る」
それは間違いなく正しい。だからこそ、国に行って、
本当に住みたいと思ってから本気で学べばいいのだ。
前述したように、基本A2くらいまでは移住前に勉強出来る。

日本人以外なら、どんなことを言ってもいいかもしれない。
ただ日本人は「こうしないといけません」って言われたら、
そうしてしまう民族。だから、私はそういうことを警鐘したく
ないのだ。試してみよう、外に出てみようと思っている特に
若い人たちの挑戦する気持ちをつぶしたくないし。

私は「英語も出来ないのに…」という相談をよく受ける。
ドイツに来るのになぜ英語が出来ないことを悩む??
と思うわけで。ドイツ語学ぶのに時間かけなよ!と。

海外に来ると日本人は他の日本人に厳しくなると
よく言われるが、そうだなーと思う。挑戦したいと思っている
人たちの芽をつぶすようなことはしちゃいけないと思う。

全ては自分の責任。自分で決断して、自分でやりたいように
やればいいだけ。日本以外に出て、まずはそれを体感すること
が一番大事だなと思う。
posted by Logray at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 5-5. フランクフルト生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック