2017年03月08日

フランクフルトで次のアパート探し中

今のアパートはベルリンにいる際に、代理店を通して
内見してもらい決めた。つまり自分でアパートに行って
自分の目で見て決めたわけではない。

ベルリンからフランクフルトへの引っ越しは、ほぼ
1か月くらいしか時間がなかったので、わざわざ
ベルリンから内見のために来ることまで
できなかったのが事実。

自分の目で見ていないだけあって、いろいろと
不満があったのだ。

半年で次の家を見つけることも可能だったのだが、
私がちょうど新しい仕事を見つけたこともあり、
今の家は1年契約にした。つまり3月末で契約満了。
延長することも可能だったが、前記のようにいろいろ
不満があるため、引っ越すことにした。

ドイツに来てから何度引っ越したか分からないので、
もう大抵のことに動じなくなった。

今の家のいいところ
1. 市場価格と比較して家賃許容範囲
2. 家具付で全て揃っているので無駄な投資なし
3. 徒歩圏内にスーパーがたくさんある
4. 駅まで徒歩5分、2つの駅が使えて便利
5. 隣人が寛容

今の家の嫌なところ
1. 全体的に狭い
2. 備え付け家具にガタがきている(ベッド小さすぎ、ソファ破れ気味)
3. キッチンがリビングルーム内にあり、キッチンスペースが狭い
4. バスルームの老朽化、お湯の調整が難しい
5. 通りの激しい道路に面していて、常に家に埃がたまる

ベルリンのように激安はフランクフルトには存在しない。
でもそこまで家賃が高すぎるか?と言われるとそこまででもない。

Miet Map Frankfurt by Immobilien Scount24
Miet Map Frankfurt.png
ドイツのほかの都市の家賃マップ(Mietmaps Deutschland - ImmobilenScount24)

多分見つかるとは思うけど、いやー家探し毎回ストレスですわ。
今度こそ、ちゃんと安定して数年住める場所に引っ越したい。
毎年引っ越し、辛い。

追記:
3/23現在、まだアパート見つからず。あと1週間のカウントダウン!!!(危機)
3/31でこの家出ないといけないのにー。家なき子。
posted by Logray at 02:36| Comment(4) | TrackBack(0) | 5-5. フランクフルト生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。現在28歳でMBA留学を考え始めた者です。(TOEFL未受験、TOEIC780)
ブログ拝見しまして初期の勉強方法についてご質問させていただきたく書き込み致しました。

東京在住ということもあり、まずはAGOSのTOEFLパッケージコースを受けようと考えていました。しかし、慌ててパッケージを受講して50万円支払うよりは、Foundationという基礎をL/S/W受講し、(Rはある程度得意なので、、)TOEFLの最低限の勝手を理解した後に必要な講座を追加で受講したり、他予備校を利用しようと考えなおしています。

Lograyさんのご経験上初期の予備校利用はどのようにするべきとお考えですか??
Posted by Kohei at 2017年03月21日 16:09
>Koheiさん

コメント、ありがとうございます。ブログも読んでくださって感謝です!残念ながら、私がMBAの受験勉強をしていたのは、2011年とだいぶ古い時期です。既に6年前なので、状況もだいぶ変わっているので、参考になるとは思えないのですが、ふつつかながらご返信を。

予備校は高いですが、最初に自分の実力を試す・知るにはいい方法だと思います。今どのレベルにいて何をしないといけないのかをまず知る必要があります。ご予算がどれくらいあるのか?勉強時間はどれくらいあるのか?どこの学校を受験する気なのか?などにもよりますが。

専門のカウンセラーに相談してから決めるのもありですよ。
https://www.mba-l-ink.jp/
Posted by Logray at 2017年03月23日 18:13
はじめまして。同じくフランクフルトに住んでます。仕事探しの顛末などぜひお聞きしたいです。そして、お部屋見つかりました?
Posted by あわっち at 2017年03月28日 19:37
>あわっちさん

はじめまして、コメントありがとうございます。仕事探しの顛末あたりは、こちらに書いてます。良かったらどうぞー。
http://domymba.seesaa.net/article/440493782.html

部屋はやっとこ見つかりました!
Posted by Logray at 2017年03月28日 22:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック