2016年12月04日

スペイン語話者のコミュニティ

今の会社、多分社員の1/3はスペイン語話者だ。
びっくりするほど多い。

スペイン人も数名いるが、なぜかラテンアメリカ
から来ている人が多いこともある。更に、
ドイツ人でも数名、スペイン語ネイティブがいる。
幼少の頃住んでたとか。加えて、ポルトガル人と
イタリア人がスペイン語を話すので、かなり周りで
スペイン語が聞こえる。

恐らく、社内の言語ランキングでいうと、
1. 英語
2. ドイツ語
3. スペイン語
だろうな。

1か月前に入社してきたアメリカ人(メキシコ人の母)
=スペイン語ネイティブと、朝バスが一緒になって、
いろいろ話を聞いていたら、スペイン語話者同士、
こんなに繋がってるの?ってくらい固まっていた。

よくよく見たら、彼らめっちゃ一緒に行動して
いることに気づいた。社内でも社外でも。

前々職で仲良くなったスペイン人は全く
そういうタイプではなく、逆にラテンアメリカ系の
スペイン語を嫌っている人だったので、今回見る
このスペイン語固まりには驚かされた。

確かに前職でもスペイン人同士でランチは
行ってるのは見たけど、同じチームで働いてる
人たちだったからなー。

こんなに言語の繋がりって強いんだって思わされた。

インターンで来てる子もスペイン人だしな。
彼女なんてもうスペイン帰る気満々だから、
ドイツ語覚える気もないし、スペイン大好きで、
スペイン語をどこでも話したいっていうタイプ。

ただいつもスペイン語で思うのは、その言語、
スペインが植民地にした国が多いからこうなってるん
だよねって…。これだけは今でも直接スペイン語話者に
聞けない質問の1つ。スペイン語話す人多くていいねー
って思う反面、これ侵略の結果なんだよねっていう
歴史的な面も見逃せない。

多文化・多言語の中で、たくましく一人日本人
生きてまーす(笑)。
posted by Logray at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 5-3. フルタイムのお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/444550516
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック