2016年11月27日

日本人に聞きたいという欲求

このブログの目的は大きく分けて、2つ。
1. 息抜き、ストレス解消
2. 情報共有

個人ブログなので好き勝手やっていいはずよね。

私はとにかく書いて自分の頭の中をすっきり
させたい欲求があるので、忙しかったMBA中ほど、
やたら記事を書きたくなった。

ストレスや考え事が多い=記事数多い。

ふとツイッターで回ってきた「留学相談してくるな!」
の記事を見て、あーなるほどって思った。

私のこのブログは、MBA>海外就職というフィルターが
かかっているせいか、変な質問が来たことは過去1-2回
しかない。こんなニッチなニーズで検索する人も
そうそう多くないせいもあるし、有名ブロガーでも
何でもない個人ブログなので、的を射た質問が多いので、
ほとんどの質問に答えている。

MBA留学のための勉強中、本当にいろんなブログにお世話に
なった。日本人としてどうやって勉強したのか、現地で
どんな苦労があったのか、私は「日本人」の視点が
欲しかったからだ。もちろん英語で検索すれば情報も
あったと思うが、欧州人の言っている内容を信頼しても、
非欧州人である私たちには参考にならない。

ドイツに来たばかりのころのビザも、不安で仕方なかった。
日本人としてドイツでどんな風にビザ取得して、日本人
ならどれくらい時間がかかって何のハードルがあるのか。
日本人だからこその体験を知りたかった。
私たち日本人は事前準備、心構えが必要な民族だから。

今となっては、とりあえずやってみればーというアドバイスを
していたりするが、日本から突然海外へ来るって決めた際の
不安とか、分からないでもないし。

そんな恩返しも含めてこのブログを始めたので、
目的意識が高い人が読んでくれて、私もそれに出来る限り
答えようと思っている。ブログの知名度を高くする
必要性もないので、今のこのまったーりした感じで
続けていくつもりだ。

おそらく何も調べずに質問してくる日本人もいるんだろうけど、
本当に情報が欲しくて、体験した人から話を聞きたいという
欲求もあるはず。ビジネスにはしないけど、そんな形で
人と出会えるってのもいいかなと思っている。

ただ私にも時間が限られているし、専門で相談を受け付けて
いるわけでもないので、相談頂く方には、ココナラを使って
頂くようにしている。私の時間を買ってもらうという感覚。

相談者側も、わざわざドイツ時間に合わせて時間を取って
もらうので、ツイッターやコメントのように気軽でもない。
でもそれまでしても、相談したいという気持ちがある人たちには
私も誠意をもって答えたいなーと思ってやっている。

宣伝するつもりはないけど(笑)、相談ごとのある方は、
こちらへどうぞ〜。
欧州MBA留学や海外(ヨーロッパ)で働くことに興味のある方、キャリア相談に乗ります。
posted by Logray at 19:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 5-5. フランクフルト生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Blogの書き手がLograyさんだからこそ、的を得た質問が来るのではないでしょうか。同じような方が質問したくなるような内容については、そもそもBlogに書いていらっしゃるでしょうし。Blogにせよtwitterにせよオフラインにせよ、類は友を呼ぶのではないかと思います。
日本は聞き手文化ですが、海外では話し手文化だと聞いたことがあります。前出のtwitterの方については、グローバルな環境にいらっしゃる方でとはいえ、日本人相手になれば前者に戻るのだなと思いました。
Posted by hammer at 2016年11月30日 06:50
>hammerさん

そうですね、おそらく私がたどったような道を同じようにたどる日本人はほとんどいないので、彼らに役立つような内容を私は提供していないということになると思います。

でも無駄な質問が来ないという意味で私はハッピーです(笑)
Posted by Logray at 2016年11月30日 17:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/444383072
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック