2016年08月31日

B2途中だけど最終日を迎えました

8/31、本日でドイツ語終了。
3/7から始めて、6月は丸1か月休んだので、
通算5ヶ月。毎日ドイツ語コース、頑張った!
朝9時半から12時半まで3時間毎日。

ベルリンの頃は、月-木の週4だったけど、
フランクフルトでは、月-金の週5毎日で
忙しかった。

午前中:学校で授業
13-14時:ランチ
15-17時:宿題
17-18時:夕飯の準備

といった生活が毎日続いた。
仕事が見つかまるまでは、一体いつまでこの
生活が続くんだろうとも思った。
ドイツ語の伸びが鈍化していったのと、
明確な目標がないままドイツ語を続ける
モチベーションが保てず辛かった日々も。

相変わらずアメリカ人は表面だけの関係が
上手く、最後に一応挨拶しようと思ったら、
案の定、さっさと帰られてしまった。
授業始まる前には、えーー最終日なんて残念〜
っていう演技してたのに(笑)
あーアメリカ行かなくてほんと良かった(笑)。
こういう嘘塗りたくった関係は疲れる。

でも所詮やっぱり毎日同じ学校に行っていても
ただのクラスメイトでしかなく、おそらく今後
改めて会ったりすることはないだろうなと思う。
残念だけど、これが現実。

でも終わった今では、逆にこの自由な生活がなくなるんだ
って思ってしまう自分がいて不思議。宿題はあるものの、
学校が終われば午後は自由。夕方に買い物に行ったり、
自転車を購入してからは自転車で出かけたり。
まさに、半年間、無職ライフを満喫していたように思う。
ブログを書く時間も十分にあった。

それが今日で終わりだ。
明日からは会社員として働く。

いつまでもフラフラしているわけにはいかないので、
これでいいんだけど、なんかちょっと惜しいな(笑)。

ドイツ語は正直まだまだだ。でもこれ以上続けて
学校に通うのは厳しかったし、仕事で使えるチャンスを
きちんと掴みながら実地で伸ばしていけたらと思う。

あと学校はやはり現実的に使うためというよりも、
試験に通るための勉強を目的にしている人が
結構多く、私のように日常会話や職場でのドイツ語を
出来るようにしたいと思う人との差が出るなと。

英語でIELTSやTOEFLの勉強が、通常の英会話を学ぶのと
違うように、ドイツ語も同様だと思った。ある一定
レベルまで行ったら辛い思いしながら実地で学ぶのが
私の性にあっている。完璧になんてなれないし、
とりあえずコミュニケーションは取れるようになった
このレベルで一旦完了。

また次へ。仕事ともに頑張るぞっと。
posted by Logray at 21:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 5-4. ドイツ語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック