2015年12月21日

2015年そーかつ

去年書いた記事、2014年のそーかつを読んで、
あ、もうこの時期だ!
と思い、2015年分を書くことにした。

いやー、2015年もほんといろいろあった。
フルタイムの職は得たものの、今振り返ると
大変な1年だったなと思うし、
2014年のこの時期には思ってもいない
展開になっていた。



■いろんな手続きから解放された
正社員になったことで、いろんな面倒な手続きから
解放されたのは本当に大きかった。
年金、税金、保険、等々、会社に行けば周りに聞けるし、
ドイツ語も分からないところを同僚のドイツ人にすぐ
聞けるし、こういう意味で正社員はいいなって思った。

フリーランス時、1年目ということもあって、こういう
事務処理とかにかなり膨大な時間を使っていたと思う。
どうしたらいいかわからなくて検索したりする時間を
含めいろいろ無駄があった。でも、これもフリーランス
として1年以上やれば慣れることだったのかもしれない。

■時間にゆとりが出来た
信じられないかもしれないけれど、フリーランス時より
今のほうが圧倒的に自由時間が増えた。フリーランス時は
ある意味いつでもONになりがちで、夕食を終えてから
さらに仕事なんて日もザラにあったし、週末も時折使って
仕事をしていた。
今は、仕事とプライベートのメリハリは超はっきりと
つけているので、9-18時以外はメールもみないし、
返信もしないようにしている。
こうすることで、自分の好きなことに時間が使えて
より生産的になったなーって体感できた。

■仕事での大きな環境の変化
入社したスタートアップが買収され、いつの間にか
大企業の社員になっていた。会社が変わっていくまさに
その時を経験出来ているのは大きい。成功例の中に
いられるというのは貴重な経験だ。
その反面、どういう風に会社が変革するのか全く
先が見えないので、自分を信じて進むしかないな
という環境にいるのも事実だ。

そして1年働いてみての楽しさ、辛さは、正直
辛いことのほうが多かったと思う。
自分が敢えて辛いだろうなという道を選んだので
これでいいんだけど、入社6ヶ月目くらいまでは、
あまりに環境の違う中で一人で泳いでいたので、
死に物狂いだった。

今も会社の方向性や文化に馴染めてるとは
思えないし、何か違うんだよなーとは思っている。

でも、これが私の望んでいた「チャレンジ出来る」
環境でもあって、これを達成することで何かが
見えるはずだってまだ信じている。

今までに体験したことのない文化と周りの人たち、
自分の過去の体験が直接生きるわけではない環境。
起業してるわけじゃないのに一人スタートアップ
みたいな状況だ。

来年どうなってるかなんて、全く予測出来ない。
さてさて2016年、どうなってることやら。

でもまだベルリンにはいる予定。
そこは2013年から変わってない。
posted by Logray at 18:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 5-3. フルタイムのお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック