2013年11月27日

フリーランスビザ、申請してきました。

本日無事にフリーランスビザの申請が完了しました。
「申請」なので「受領」ではないんですけどね(笑)
長いミチノリで結構大変だったので、ほっと一息。

思ったよりも、あっさり終わったので、なんだか
ちょっと拍子抜けでしたが、私の場合は弁護士さんを
お願いしていたのが大きかったかも。

受領までには6週間くらいかかるらしいので(平均)、
年明けに受け取れたらいいかな〜と思って。
でも仮のビザ(Fiktionsbescheinigung)は発行されたので、
私は合法的にドイツに滞在できているのだ、嬉しい!
(仮ビザは2014年2月末まで有効)

え?弁護士?と思われるかもしれませんが、
ビザ(滞在許可)なので法律に関わる部分があり、
ビザ申請のサポートっていうのは弁護士のお仕事
みたいなんですよね。

私の場合、英語でコミュニケーションの取れる弁護士さん
をお願いしたので、全て英語で済ませました。弁護士さんは
相性もあるので、ここで名前やオフィスなどを公開していません。
ベルリンに来れば、フリーランスビザを担当してくれる弁護士
いっぱいいるので、人に聞いたり検索すれば見つかりますよ〜。

準備した資料は以下。
基本は、ここに英語でかかれています。
フォームも英語でこのページの下にPDF版が用意されています。
Service: Residence permit for the purpose of freelance or self-employment - Issuance
0. パスポート
1. ビザの申請書
2. ベルリンの住民登録証
3. 写真 35mm*45mm 1枚
4. 履歴書(英語版)
5. 卒業証明書(私の場合、BAとMBA)
6. 紹介状/契約書 3通(各企業からのサイン要)
5. ビジネスプラン(カバーレター ドイツ語・詳細 英語)
6. 収支予測(先3年分の収支)
7. 保険(フリーランスビザ用の保険です)
8. アパートの契約書
9. 出生証明書(ドイツ語訳済)
10. 申請費用 (20ユーロ・設置されてる機械で支払い)

Wunderlistというタスク管理ツールを使われている方は、
この公開リスト(英語)もおすすめです。必要なものが一覧に
なっていてチェックリストで1つ1つ確認出来ます!
https://www.wunderlist.com/list/111390509

私の場合、弁護士のアドバイスにより、
Marketing Manager & Product Managementという
タイトルでフリーランスビザ申請しました。

すごい面倒でした。手間かかりまくりました。
大変だったのが過去記事でも触れましたが、
推薦状(契約書)。ベルリンでフリーランスをする
=ベルリンに利益をもたらさなくてはいけない
=ベルリンの企業からの推薦状・契約書が必要。
既に仕事をもらえていれば楽チンですが、
クライアント0、知り合いがほぼいない私には
大きなチャレンジで、この1ヶ月奮闘してました。

他は別にたいしたことなかったです。
ビジネスプランとやらも私が英語で詳細を書いて、
弁護士さんにカバーレター(要約)をドイツ語で
書いてもらいました。ただ、今日面談で「全部資料は
ドイツ語にして欲しい」と言われてたらしく。
なので理想は全ての資料が「ドイツ語」であること。
ただ、他の方は英語でもOKだって聞いたことあるので、
担当者レベルの差はあると思われます。

収支予測とかも、おおまかで大丈夫だし、上記のページに
PDFのフォームがあるので、そこを1個ずつ埋めていけば
OK。1個ずつにちゃんと説明さえ出来ればいい。

保険は早々に済ませていたので、手間はあまりなく。
ただ超高い。しかも女性ということで、妊娠した時の
ための保険とか、オプションで入らないといけない。
私の場合1ヶ月250ユーロ超えのものに加入することに。
旅行保険とか学生保険では受け入れてもらえない。

英語で全て通すことも可能みたいだけれど、印象として
多少なりともドイツ語を話せるように努力している姿勢
は見せるべきらしい。ま、そうよね。ドイツで働きます、
ドイツ語できませんって宣言するのはおかしい。
私は弁護士さんが全てドイツ語で済ませてくれたので、
ドイツ語は最初と最後に挨拶だけして終わった(笑)。

ベルリンはフリーランスがかなり増えているらしく、
(フリーランスと一言にいってもいろいろ種類がある)
昔は申請から受領までもっとスムーズだったんだけど、
今は量が増えて時間がかかっているとか。
しかも申請した場所では、書類を受領するだけで、
実際に審査をする人(組織)は別に存在するらしい。

*注意点は、ビザが受領されるまでは働いてはいけない。
ドイツの法律上。つまり、フリーランスとして仕事を
請けてはいけないということ。は、はい、なるほど。
それまでは貯金で生きていけということですな。
FBやインターネットでの発言もチェックされたり
するようなので、「本名」での発言にはご注意を。
そう、ここはドイツ。

追記:
2014年2月12日、無事にビザがおりました!詳細は下記にて。
フリーランスビザ、取ったど〜!
この記事へのコメント
はじめまして。ビザ申請お疲れさまでした。
フリーランス、ビザ、ベルリン等で調べていたらこのブログにたどり着きました。
私もこれから移住してフリーランスビザを申請することになりそうなのですが、全く経験もなく企業に仕事をもらったこともありません。。これからフリーとしてやってみたいと思っている仕事内容で申請しようとは思っているのですがやはり問題は推薦状ですよね。
知り合いがたくさんベルリンにいるのでとりあえずお願いしてみようとは思いますが審査も年々厳しくなっているようですし絶対落ちそうです。不安・・・><
Posted by Schic at 2013年11月29日 16:59
>Schicさん

はじめまして、コメントありがとうございます。私もたくさんビザのことブログで調べさせてもらったので、自分の経験も記事にしました。

お知り合いがたくさんいるなら大丈夫じゃないですか?ビザ取得の為には、きちんとお金を稼げます。ドイツ人(EU人)の仕事は取りませんってことが証明できればよいので、お知り合いが契約書を書いてくれたら大丈夫だと思いますよ。

私もまだ待ちの状態なので、気軽なことは言えませんが、私の場合、弁護士がやたら大丈夫、通らないわけがない!とすごくポジティブだったので私もそんな気がしてきました(笑)。また取れたらご報告しまーす。

Schicさんもがんばってください!
Posted by Logray at 2013年11月29日 22:25
Lograyさんお返事ありがとうございます。ところでこの弁護士さんってあの方ですよね。。??少しお聞きしたいことがあるのですがもしよろしければDM頂けませんでしょうか。。
Posted by Schic at 2013年12月03日 14:42
>Schicさん

同じ弁護士さんを想定しているかは、分かりませんが、頂いたメールアドレスにご連絡しますね。
Posted by Logray at 2013年12月03日 18:45
はじめましてLograyさん!

私は今、ハンブルクでLuxury BrandのDesign Internをしています。すこし事情があって、今現在Internshipから今度はFreelance Visaに切り替えなければならないので、その情報を集めていたところ。Lograyさんのブログにたどり着きました。

ハンブルクなので、ベルリンとはビザの更新の仕方も少し違うとは思いますが、とても参考になりました!

BusinessPlanの書き方がどうしてもピンとこないんですが、それは、普通のShort Essayみたいな感じのスタイルでいいんですか? 
Posted by Haru at 2014年02月27日 19:15
>Haruさん

コメントありがとうございます。Business Planですが、Essayみたいな感じで大丈夫ですよ。どういう風にハンブルグに貢献できるか?を含めて書くと良いと思います。

少しでもお役に立ててよかったです。ビザ申請がんばってください!
Posted by Logray at 2014年02月27日 20:03
はじめましてLograyさん

まさに私が考えていたことが書かれており、すごく参考になりました。ありがとうございます。

私は現在、日本のstart-up企業で、ヨーロッパのクリエイターに仕事を依頼し、アニメーション制作をしているものです! 顧客は現在は100% 日系企業です。クリエイターの中に2人ほどドイツ在住者もおり、1人はベルリンに住んでいます。

今現在既に日本でフリーランサーのような立場ですが、同じ事を、ヨーロッパ全域でクリエイターを探しつつ、アニメーション制作ができないものだろうか、と考えており、ドイツも視野にいれて考えております。つまりフリーランサーとして滞在する、ということです。

ブログを拝見するに、ドイツの場合は、その住んでいる場所、にどのように貢献できるのか、ということが肝なのではないかと思うのですが、正しいでしょうか?

また、日本から弁護士さんを捜そうとしたのですが、うまく見つからず、もしよろしければ、そういった弁護士さんのサイトでしたり、ご連絡先等をご存じなようでしたらお知らせいただくことはできませんでしょうか?

Posted by Rie at 2014年06月14日 19:26
>Rieさん

旅に出ていたために返信が遅くなってしまってごめんなさい。

そうですね、他の国のフリーランスのビザがどうなっているのかは分からないのですが、弁護士には、きちんとベルリンに貢献できることを考えて全てのアプリケーションを作るように言われました。これがどの程度重要なのかはわかりませんが、その通りにしてビザが通ったので多分よかったんだと思います。

弁護士を探すサイトのようなものは正直存在しません。ビザをサポートするというのは、私が見る限りにおいて他の弁護士業務の合間にする仕事であって、アピールする業務じゃないのかもなと思ったためです(私見ですが)。安い割に手間かかりますしね。

ドイツと一口に言っても、かなり広いですし地域によって全く状況が異なるので、どこに住むのかなどを決めてから動かれることをお勧めします。また弁護士に関しても、現地にいて実際に会うことをベースにするので、やはり現場を決めることが先かもしれません。

私はこのサイトでいろいろお世話になりました。英語で済むのでとても楽チンでした。
http://www.expath.de/
Posted by Logray at 2014年06月26日 05:51
Lograyさん

ご返信をいただいていたことに今まで気が付かず失礼致しました。 便利なサイトを教えていただきありがとうございます!
行き先は、業界的にもやはりBerlinがいいであろうとたくさんの知人から薦められ、Berlinに決定致しました。

私はまずは日本のドイツ大使館で申請を試みます( もちろんその後Berlinで正式に申請しなければいけないことは承知の上で。)。予算の関係で、弁護士さんは高いのでは?と思い、まずは一人でやってみようと思います。。。

以下のサイトには、Freelancerはbusiness planはnot requiredになっていますが、それでも必要なものでしたでしょうか?

http://service.berlin.de/dienstleistung/305249/en/
Posted by Rie Ono at 2014年08月10日 01:26
> Rieさん

ベルリンに決められたんですね。出国までいろいろ準備あると思いますが、がんばってください!

日本のドイツ大使館では、フリーランスビザに関する手続きは何も出来ないと記憶してますが、こういう仕組みは割と頻繁に変わるので、彼らが対応してくれるようなら、情報やヒントだけでもゲットするのは得策だと思います。

フリーランスはビジネスプランは要りませんよ。私の場合、弁護士に薦められたので履歴書のアップグレードのようなことを書いただけです。
Posted by Logray at 2014年08月10日 15:53
Lograyさん

なるほどなるほど、ありがとうございます!
出せる証明書は書類はとりあえず全部持っていけ、と皆に言われますので、私も、私の職種についてを軽くbliefしたものを持って行こうと思います! いろいろな情報また、アドバイスありがとうございます^^

Posted by Rie at 2014年08月11日 19:43
>Rieさん

お役に立てましたら何よりです。無駄そうなものも準備しすぎに悪いことはないので、入念に準備されることをオススメします。そして書類は出来るだけ全てドイツ語である方が良いです。ご自身でドイツ語化が難しければ、お友達や仕事で一緒に働かれている方に頼んでみてください。フリーランスビザを取得してみて、更にそのビザ持ってドイツを出入りする際に、本当にビザ大事だわーって体感しているので、是非がんばってください。ドイツも日本同様お役所仕事は、書類と決まりごとだらけで時間もかかりますが、それさえちゃんとやれば文句言われないので、逆に楽です。また何かあればご連絡くださいませ〜。
Posted by Logray at 2014年08月11日 20:42
Lograyさん

昨日ドイツ大使館行ってきました! しかしながら、やはり、こちらでは何もわかりません。という回答のみでした。
まあでもわかっていたことです! Berlinの外国人局に問い合わせてみたいと思います!
最後に、すみません今回もう一つご質問が。。。もしここでの回答が難しいようであれば、是非お時間のあるときにでもメールをいただけましたら幸いです!
弁護士さんには、おいくら支払われましたでしょうか?
参考までにお伺いできたらなーと思っておりまして。。。
Posted by Rie at 2014年08月16日 15:40
>Rieさん

やっぱり、日本のドイツ大使館では受け付けてくれないんですね。情報くらいくれるかなと思っていたんですが、甘かったようです。

外国人局は皆が口を揃えて対応が悪いって言っているので、覚悟を(笑)私は全部揃えてアポも取ってから行ったので何の不満もなかったですけどね。がんばってください。

弁護士に関してですが、日本で弁護士って言うとめっちゃ高いイメージですが、ここではそんなことありません。参考までに、ビザ取得までの弁護士費用は、日本-ベルリン間の飛行機代よりも安いです。その人の状況にもよりますが、恐らくRieさんは英語に問題なさそうなので、それくらいの値段でいけると思いますよ。

ベルリンに着いたら、上記でお伝えしたexpathに弁護士紹介してほしいってお願いするといいと思います。彼らもビジネスなので、出来れば彼らのセミナーの1個くらい受講して質問するとスムーズだと思います。ただメールしただけでは、恐らく返答ないかもです。ベルリンで生きていく上で為になるセミナーを開催しているので。
Posted by Logray at 2014年08月16日 16:35
Lograyさん

先ほどメールも拝見致しました! ご親切にどうもありがとうございます! なるほどなるほど、思っていたよりも、はるかに安いです! 時給制であればもちろん状況によって異なるであろうこともわかりますが、こちらにいただいたリンクなどから最低限必要な書類もなんとなくわかりますし、その他諸々あったら良さそうな書類などもなんとなーく想像できますので、私の場合専門的な資格も無いゆえ、在職証明書と推薦状と自分のCVで、業界経験の長さをアピールする方向性かな? と思いました。

また、ついてからセミナー受講した流れで弁護士紹介をお願いしてみる旨もうなずけます。

後2ヶ月程度日本にいて準備を進めていく所存であるため、向こうについてからの時間を限りなく有効に使うため、フリーランスの保険(publicの保険会社だけでもかなりの数あるとドイツ人の友人に聞きました。)の件も含めて、できるだけ情報集め兼準備していきたいと思います!

またご質問させていただくかもしれません。
その際は、お時間の許される範囲でご協力いただけましたら幸いです!
Posted by Rie at 2014年08月17日 22:32
突然すみません。
フリーランスのビザを申請中なのですが、健康保険、または受理された後の流れについて質問等ありましてご連絡させていただきました。
よろしければメールアドレスまでお返事ください。

Posted by aiko at 2017年01月20日 04:04
>aikoさん

広く情報共有のためにも、このコメント欄で質問頂けないでしょうか?個人的に回答する必要がありそうなら、ココナラのサービスをご利用下さい。

https://coconala.com/smartphone/services/45058

個人のブログなので、個別に回答せず情報の共有化という形を取っています。ご理解ください。
Posted by Logray at 2017年01月20日 04:28
>Lograyさん

お返事ありがとうございます!
趣旨がわかってなかったみたいです、すみません。
質問というのが、どの保険に入っていられたのかと、どの期間入られていたのか質問したいのです。

私の場合ワーホリからの延長でフリーランスビザに流れ着き、ワーホリからの流れでCare Conceptなのですが担当者からはKSKがいいと言われました。
また期間もビザが下りるかわからない状態の時に今後1-2年分に加入し保険金を払うことに抵抗があり3月まで(ビザ申請時に残り2ヶ月)ということになってしまったのですが、よく調べていくうちに不安がこみ上げてきています。

Lograyさんの経験も含め教えていただければ幸いです。

またビザが下りた際どのように連絡がきましたか?
私は今受理されて6ヶ月のFiktionsbescheinigungをもらい待機中なのですがプロセスを確認する受理番号的なものもなければ連絡先も一切ないので本当にいつどのような手段で連絡が来るのがわからす日々ドキドキして過ごしています。

あ、あともう一つ。受理された後に追加の書類等提出したい場合どうすればいいのでしょう。
私の場合必要ではないけど今借りてる家の借用書があればなお良いと言われ用意したもののどこへ送れば?という状態です。

長々とすみません。しかもちゃっかり最初以上に質問してすみません。
アドバイスいただければ幸いです!
Posted by aiko at 2017年01月24日 00:54
>aikoさん

ご返信ありがとうございます。ここで情報共有しておけば、重複する質問に答えなくて済むという事務的な理由なんです。私も仕事をしているので、自分の時間を割くなら、きちんとビジネスという形でという意味で「ココナラ」サービスをお願いしています。

質問の件ですが、保険はALCというプライベートの保険に入っていました。保険は個人の置かれている環境によって変わるので、私は保険のプロに選択してもらいました。コンサルタントとして保険を勧めてくれる人がいるので、検索してみるといいかもですよ。トラブルを避けるためにもコンサルタントの名前などはここに書けません。

私は保険の金額がかなり大きくなったので、3か月に一度支払うという契約にしてもらいました。一度に支払う必要はないはずです。契約は1年分でした。ビザ取得のためには短期の保険だと受け入れてもらえない可能性もあるので最低1年くらいの契約は持っておいたほうが安全パイかなと個人的には思います。

ビザの準備が出来たら、外国人局から手紙が来ます。あ、私の時はメールだったかな?それが来たら、その紙を持って外国人局に行けば大丈夫です。

追加の書類は、外国人局に直接持ち込めばいいかなと。アポなしなので、待ち時間覚悟になりそうですが。私は全て1発で終えたので、追加で何かという経験がなく共有できず、ごめんなさいね。発送するのは止めた方がいいですよ。受理してもらえたかどうか不明になるので。

待っている間は不安だと思いますが、それですぐに国外追放されるわけでもないですし、書類不備なら追加で提出すれば、またそれを確認後に審査されます。焦る気持ちは分かりますが、辛抱強く待ってください。この曖昧な時間がかかるという感じがドイツなので、これを受け入れられたらドイツ暮らしも何とかやっていけるはずです。
Posted by Logray at 2017年01月24日 01:56
>Lograyさん

アドミンがらみに関しては本当にガチガチの国ですよね。
わかりました!辛抱強く待ち、追加については考えてみます。
ありがとうございました!
Posted by aiko at 2017年01月25日 02:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック