2013年01月27日

外資系と日系の人材紹介会社

自分のキャリアを振り返ると日系企業で働いたほうが
長いのですが、エージェンシーとの付き合いという意味だと、
外資も日系も同じくらいなので、ちょこっとこれも記事に。

これもどちらがいいのかって迷う人がいると思うのですが、
ばっさりと。

最初から「外資」って決めているのであれば、
日系のエージェンシーは無視しましょう。意味がないので
外資のエージェンシーにしか登録しないでOKです。

外資も日系も変わらないよ〜みたいな議論もありますが、
正直全く違います。天と地の差があります。
外資に行きたいのに、日系企業の案件しか持ってこない
エージェンシーと付き合っても意味がありません、お互いに。

外資って絞るのがおかしいという議論も無視しましょう。
絞ったほうがいいです、外資に行きたいなら。

ただこれには前提があります。
外資にもいろいろあるからです。日系の資本が多かったり、
大企業外資で、働いている人の大半は日本人です、
みたいなパターンは日系に含まれていたりするので、
「大手」を目指したいなら日系エージェンシーにどうぞ。
これらの会社は外資風なだけで、いろんな国の人と働く
というチャンスはほとんど周ってこない可能性があります。
あれは日本の会社です・・・。

がっつり海外の人たちと働きたいなら、「日本国内では」
小規模な外資です。日本にもまだまだ外資の風は吹いており、
新しい外資系企業が入ってきています。ちなみに、
つぶれるかも・・・とか首になるかも・・・なんて思ってる人には
合っていません。本当にそうなる可能性を背負いながら
仕事することになるし、実際に突然人がいなくなったりもします。
*いまどき、日系だって同じでしょうけどね〜。

私個人の経験としては、そのプレッシャーが働いて
仕事にハリが出たと思います。いつ首になっても違う会社で
すぐに働けるような仕事をしておこうって思っていましたし、
前回の記事で書いたように、きちんとエージェンシーと
コネクションを作っておけば危なくなった、エージェンシーに
事前にバックアッププランを用意しておいてもらえばいいわけで。
やり方はいろいろあります。

採用側から言うと、外資企業は日系のエージェンシーとは
あまり組みません。問題は「英語」の高い壁です。
特に日本は特殊で英語ができる人口が恐ろしく低いので、
日系エージェンシー経由で英語が出来ない人を紹介されても
その時点でアウトになるからです。

外資で働いている間に日系のエージェンシーからも、
採用を試みたことがあります。あまりに人材がいなくて
困った最後の手段でした。でも、やはりダメでした。
英語できますって言われて紹介されたのに、ことごとく
私の上司たちと会話が出来なかったのです。

外資でも本社に最終決定権がある場合、英語のハードルは
更に高くなります。なぜなら彼らはネイティブと同じレベルの
スキルを求めるからです。「英語」ではなく「スキル」です。
英語はきちんと会話ができれば大丈夫、それよりも仕事の仕方、
考え方、スキルが重要視されます。つまり「スキル」さえ
しっかりしていたら、英語の壁は低くなるのでご安心あれ!

プラス、日本は給料が高いんですよね、スペックの割りに。
英語のせい(おかげ)で、同じ業界の日系よりも給与レンジが
高かったりするんですよね。
だからこそ、採用側はこれだけ払うなら・・・って思ってしまうのは
仕方がないのかもしれません。その給与払ったら、本社現地で、
頭のキレる新卒を契約社員として何人か雇えるのにって考えるのは
自然です。

というわけで、日系にするのか、外資にするのかというのは
思ったよりも大きな違いがあると思います。どちらが合うか、
好きなのかは本人次第なので、どちらにも良し悪しあると思います。

私は外資に転職してすごい辛い経験をしながらも楽しかったし、
何よりMBAへのきっかけを与えてくれたので、この道でよかった
な〜と思っています。

その感覚がまだどちらだか分からなかったら、是非両方受けてみて
面接に行って、自分で感覚を試すといいと思います。全然違います、
働いている人も、面接で質問される内容も。

あ、ちなみに外資系エージェンシーの担当者は、最初は日本人が
出てきても、担当者レベルは外国人なので、そこで英語で
コミュニケーションが出来ない場合は、そもそも厳しいので、
外資は考え直したほうがいいと思います。日本に住んでる
外国人なので最もハードルが低い外国人とやりとりしている
わけですし、そこでダメだったら会社で出来るわけがないので。
試しに外資系エージェンシーに登録して、自分のレベルを確かめて
みるのもいいかもしれません。

私の場合は、その担当者レベルは問題なかったのですが、会社内で
ものすごく苦労しました(^^;。(遠い目)



追伸:
職種で絞るっていう人がいますが、職種で絞れるのは、
その職種でキャリアがある人だけです。企業が職種採用している
=経験があり、すぐに働ける人を求めているからです。
営業職などであれば未経験でも採用してもらえる可能性はありますが、
専門職でキャリアがない人は企業が欲しがらないので、下積みから
始めたほうがいいかと・・・。


*質問や記事にしてほしい内容があれば、コメントくださいませ〜。
posted by Logray at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 4. MBA in France - 就活編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/315988355
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック