2010年07月17日

AgosのTOEFL Independent以上のクラスについて

本日で既に3回目の、Agos Independent Writingの授業。
あと1回で終わりだ〜。

ふとIndependentコースを取っていて思ったんだけれど、
実はBasicだけでもよかったかも・・・と。

私の場合TOEFLの全クラスを取るパックで申し込んでるので
必然的についてくるので、選択肢はないが、個別で取る人は、
Basicで教わったことを忠実に「毎日」(←これが一番大事)
きちんとこなせば、点数は上がる気が・・・。
注:私は毎日出来ていない上に、宿題意外に、時間を取れて
ないので例外ですが。

というのも、IndependentのWriting。毎回めっちゃタメになるし、
いろんなことを教わるんだが、4回に分けて、敢えてIndependentと
してやる必要はないような・・・。なので、クラスの人数も、なんと10人
以下と少ないのだ。これは、取る前からそれに気づいている人が
多い結果なのではないかと。

IndependentのSpeakingも同様。確かにって思うところはあるし、
中だるみをしている私には強制的に学校に行くこと自体が
いいことではあるんだけれど、毎回やってることが、なんつうか
自分で家でやっても変わらない気が・・・。

家でやれない私には週末のこの強制スケジュールはお役立ちだけど。

来月は週末が忙しくなるので1ヶ月クラスはお休み。
その間、単語を終わらせて、Readingの総復習をしようと思う。

あ〜にしても今の中だるみ、何とかせねば。
このIndepedent宿題が少ないのも、たるみやすい私には
いかんのよねぇ。やべっ!って感じにならない。

9月のIntegratedも1ヶ月に2コマ入れちゃおうかな。
早くコースは終わらせて、自分でスケジュール立てて、
集中的にやらないと。
posted by Logray at 21:17| Comment(2) | TrackBack(0) | 2-2. TOEFL - Writing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
僕も本来なら学校へ行って勉強する習慣を強制的につけたいのですが、経済的なことも考えると余裕がないため行けてないんですよね。

学校へ行くという事は、勉強ができるだけじゃなくて、周りにいるライバルであり良き友になるであろう人がいることからくるモチベーションの向上につながると思います。

他からの課題も良い面で、自分自身で課するものだとどうしても甘くなく。そうならないための仕組みに学校というのも一つの手段。結局、ライティングベーシックコースは取っていないのですが(というか申し込み期限が過ぎていたのですが笑)、スピーキングに行ってたときのことを思い出すとやっぱ学校へ行くのは良い刺激になります。

Posted by しゅうちょん at 2010年07月17日 22:45
>しゅうちょんさん

おっしゃる通り、この習慣は非常に良いと思いました。週末までにこれやらないと!ってなるので。

なので8月休んでみて自分がどうなるか試したいなというのが試みです。実は早めにAgos卒業して、別の学校行きたいな〜ってのが最初の気持ちだったんですよね。個人的にビシビシ指導してくれるところに行きたいので(自分だけだとどうしても環境に甘える性格なんで;;)。

というか、Agosだけで、点数獲得すべきなんですけどね。

あらま、Basic Writing申し込み期限過ぎてしまっていたんですか〜。そりゃ残念。
Posted by logray at 2010年07月17日 23:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/156660332
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック