2010年04月11日

なぜMBA留学を目指すのか

1. このまま英語を中途半端にしたくないから。

2. このままの英語で年収を上げることも、
プロモーションすることもできないから。

3. 最終的にはいろんな国の人をまとめられる
上に立つ人間になりたいから。

これが大きな理由。



外資系なんて、夢のまた夢だと思っていた。

大学卒業時にも、前の転職のときにも、チャレンジしたけど、
全然ダメだった。でも、1つのことを長く続けて、ある意味、
プロと呼べる?!域に入ったことによって、
外資系にも道が開けた。

ということで、必死の英語で、外資系に入社。
面接は英語面接たくさんやったけど、自分でも何しゃべってるか
あんまり分かってなかったかも、必死すぎて(^^;

日本オフィスで日本人のボスと働く前提だったので、
英語は少し使う程度ってことで認識していたのに、
初日からアメリカと電話会議。

まったーーーーーーーく、何言ってるか分からなかった。

その衝撃で最初の数ヶ月は、ちょっと英語もがんばったけど、
やっぱりそこまで必要な環境でもなく、またとりあえず英語で
進んだ。

それから数ヵ月後・・・

さすが外資系。大胆な組織変更により、会社がグローバルの
縦社会になり、国という単位ではなく、
アメリカを中心に全世界でストラテジーを同じくして働くという
形に変わった。

さあ大変。突然ボスが外国人になった、しかも海外在住。
もちろん英語がしゃべれるなんて、当然すぎる条件。
なのに私の英語はいまだにイマイチ。

それでも、とってもいいボスで私の英語もだいぶ分かって
くれるようになり、またもや、何となく英語が続く。

更に組織改変があり、今度こそアメリカにレポート。
アジア単位の時よりも、更に辛い。
そして、Global Summit....やばかった・・・。

何一つ発言できず、言っていることを理解するだけで
精一杯。私以外全員が、ネイティブ。(ヨーロッパ人は、
英語も99%ネイティブレベル)

留学経験もない私には、突然訪れた地獄だった・・・。
夢に見た光景がこんなに辛いとは・・・。
日本代表としても恥ずかしいし、何よりも、
何も考えていないと思われるのが辛かった。
でも、考えすら浮かばない。

心に決めた。
そう、きちんと英語を学ぼう。もういい加減じゃなくって、
次に進むためにも、英語がまずきちんとできて、
その上でビジネスを語れる、動かせる人間にならないと
いかんと思った。
posted by Logray at 16:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 0. はじめに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック